おしゃれだけではない犬の服通販

可愛らしいデザインの犬の服が通販で多く流通していて、愛犬に服を着せる飼い主も珍しくありません。また、犬に服を着せるにはおしゃれ以外の理由もあります。どのような時に、どのような理由で犬に服を通販で購入し着せてるのかを説明していきます。

お出かけ時のマナーとして

近年は、ペットの宿泊可能なホテルやドッグカフェなどが増えてきたことにより、犬と一緒にお出かけできる範囲が広がってきました。そのため、飼い主は周囲の人へと迷惑をかけないようにマナーに気をつける必要があります。例えば、犬の毛が飛び散ったとき、周囲にはアレルギー体質の人がいて迷惑をかけてしまうかもしれません。また、犬には自分のおしっこの匂いで縄張りを主張したり、他の犬とコミュニケーションをとったりします。しかし、公共の場でのマーキングは不快な思いをする人もいますし、衛生面を考えて避けたほうがいいです。
このような出かけ先での抜け毛の飛散防止、マーキング対策といったマナーを守るためにも犬の服が必要と言えます。

手ケアとして犬の服を通販で買う

ケガや病気などで手術をした後の犬には、傷口を舐めてしまったり、汚れてしまったりしないように術後服を着せる必要があります。犬の服を着せる以外に、エリザベスカラーという円錐台形状をした保護具を首につける方法もあります。エリザベスカラーの場合、傷口を舐めてしまう心配はありませんが、床に置かれたエサが食べにくくなってしまいます。また、エリザベスカラーが床や壁にあたって音が気になるということもあるでしょう。犬にとってもストレスになることがあり、エリザベスカラーの代用として犬の服が使えます。術後専用として、抗菌・消臭の素材を使用している犬の服も販売されています。服を着ていれば、傷口を覆うことができるため、舐めてしまう心配がなく安心して術後の経過をみることができます。

寒さ対策として

犬は比較的寒さには強い動物ではありますが、犬種によっては寒さに弱いこともあります。例えば、小型犬や毛が短かったり、原産地が暖かい国だったりする犬種は寒い季節が苦手です。そのため、冬場の散歩時には防寒対策として犬の服を着せてあげることが大切になります。特に、室内で飼っている犬の場合、暖かい部屋から寒い外へ散歩に出てしまうと、急激な温度変化によって体に負担がかかってしまいます。散歩に出かける前に、室内で防寒着を着せてあげるようにしましょう。犬の服の通販にも防寒用として暖かい素材で作られているものが多くあります。犬の体型に合っていないと防寒の効果が薄れてしまいますので、きちんとサイズを確認することが大事です。