犬の服を通販で買うコツ

我が家の愛犬には可愛い服を着せてあげたいという人は多いのではないでしょうか。ひと口に犬の服といっても様々な種類があります。それぞれのシーンに合わせて、快適な生活ができる犬の健康にも配慮した服を着せてあげましょう。また犬の服は通販で買うのもおすすめです。

部屋の中で過ごすときの服

部屋の中で服を着せるときに、最も気を配ってあげたいポイントはリラックスできるかどうかです。健康な犬であれば、伸びる素材で犬にストレスのかからない形の服を選んであげれば問題はありません。最近では、ルームウェア用に開発された犬の服もたくさん出ています。まだ服に慣れていない犬には、前足だけに袖が付いていて背中を覆っているだけのTシャツタイプの服から慣らしていくと良いでしょう。また、持病があったり、皮膚に問題を抱える犬に服を着せる場合には、自分だけで判断せず獣医さんに相談して適切なアドバイスをもらいましょう。真夏と真冬の時期は体温調節がうまくいかずに体調を崩してしまうことが多いため、特に注意が必要になります。

犬の服を通販で購入するコツ

散歩用の犬の服は何よりも動きやすさが大切です。冬には軽くて簡単に着せられるダウンジャケットや伸縮性のあるセーターなら、着ていてもストレスがかかりにくく、飛んだり跳ねたりといった激しい動きにもほとんど着崩れがありません。たまに犬は立派な毛皮を着ているのだから防寒着なんていらないのでは?という人もいますが、部屋の中で生活することに慣れている犬には防寒も大切な健康管理の一部です。冷え込みが強い日は、部屋着から防寒着に着せかえて散歩に出かけましょう。ただし、基本的に夏の散歩に服を着せることは避けたいものです。体温を下げるためにスカーフタイプの保冷剤を付けてあげるのは良いですが、ふつうの服では熱中症にかかる危険もあるのです。

雨降りのときの服

散歩での汚れが気になるから服を着せているという人は多いのではないでしょうか。雨の日には犬の服として販売されているレインコートを着せてあげると、帰宅後に汚れを落とす手間が大きく減らせます。雨降り用の犬の服は通販がおすすめです。ショップでは種類も少ないので色々な種類から選べます。袖は足元までしっかりとした長さがあるもので、お腹をすっぽり覆って背中のチャックのものなら着脱も簡単です。残念ながらレインコートには伸縮性がないため、しっかりと採寸することが大切です。胴回り、首からしっぽまでの長さなど、デザインによって採寸する場所や数が異なってきます。犬種によって合わない形もあるので、すべてのサイズが合うものを選びましょう。長く使っていると防水性能が下がることがありますが、防水スプレーを使えばまた防水できるようになります。長く着られる愛犬にぴったりのレインコートが見つかれば、きっと雨の散歩も楽しくなります。