情報満載☆老人ホームin名古屋

ホーム > 名古屋の老人ホーム情報 > 名古屋の有料老人ホームに入居するとどれほどの月額費用が必要か

名古屋の有料老人ホームに入居するとどれほどの月額費用が必要か

名古屋ではシニア世代になっても都市型生活へのニーズが強いことから数多くの有料老人ホームが展開しており、東海地方の中心地として人気を集めています。
ただ有料老人ホームでは余生を末永く生活することを前提にしているので、入居時の一時金もさることながら、月々の利用料金がどの程度になるのかには高い関心を集めます。
いくら入居時一時金を安く抑えることができても月額利用料金がかさむようであれば、健康状態に問題がないにも関わらず退去の憂き目になることも懸念されます。
せっかく見つけた老人ホームでの生活を末永く長期間継続できるようには、長期的視点に立った利用計画をたてる必要があります。
月額利用料金には家賃や管理費などのほか、食費や水光熱費など様々なものが含まれていますが、施設によっても請求の有無は違いが見られます。


入居後の月当たりの月額利用料を検討する上で大事なのは、表示されている月額利用料金の内幕を詳細まで把握することにあります。
どの項目が含まれていて、どの項目は別の費目で賄われているのかをしっかりと確認することです。
たとえば水光熱費用は月額利用料金には含まれず、別途実費精算にされていたり、食費も実際に食べた分だけ別途請求しているのか、など有料老人ホームの約款によって異なります。
これらの点を踏まえずに生活していると実費の高さに思わぬ出費が強いられることにもなりかねません。
生活のスタイルを倹約するなどのライフスタイルを実践できるのか、などもポイントになるでしょう。
長い入居生活の中では体調を崩して病院に入院することもあります。
その入居期間の費用は不要なのか通常通り必要なのかも確認しておくべきです。


また入居後の生活の中では老人ホームによっては居住スペースに調理室が完備されている場合もあり自炊できる環境が整備されていることもあります。
そこで食事のありようについては、時には外食や自分で調理して料理などを楽しみたい場合もあるでしょう、このようなライフスタイルの方にあっては老人ホームから提供される食事を1日三食すべてを取るわけではない場合には無駄な出費になりかねません。
とりわけ食事三食分が月額利用料に含まれているときには伸長に判断するべきでしょう。
ところで食費のなかには、「おやつ代」や「厨房管理費」が含まれているのか、それとも別途請求されるのかも施設により異なります。
さらに入居生活をする上では居スペースでの光熱費用も必要ですが、居室ごとに計測メーターが装備されていると実費精算が必要な施設もあるようです。

次の記事へ

ページトップへ