情報満載☆老人ホームin名古屋

ホーム > 名古屋の老人ホーム情報 > 名古屋の老人ホームの利用形態と提供されるサービスの概要

名古屋の老人ホームの利用形態と提供されるサービスの概要

名古屋やその近郊ではそれぞれ特徴をもった有料老人ホームが展開しており、多くの入居者に利用されています。
これから先入居を考えている方にとっては事前に確認しておかないと、後日に想定外のトラブルに遭遇することになります。
第二の人生の落ち着き先を得たのにトラブルを抱えていては、平穏な日常生活も間々なりません。
万が一のリスクを回避するために幾つかのポイントに留意して老人ホームを選ぶようにして下さい。
まず老人ホームで生活をするには、何らかの権利の設定を受けているのが一般的です。
有料老人ホームでは「利用権方式」という形で居住スペースや各種の共用スペースを利用する権利の設定を得て、その対価として一時基金や月額利用料金などの一部を充当して支払うことになっているのです。


最も多くの有料老人ホームが採用している利用権設定方式では、専用居室や共用スペースの利用などの賃貸借に類似した形で利用する権利のほかに、介護や生活支援を受けることの出来る権利もあわせて取得することになります。
居住空間確保と生活上の支援などが一体型に提供されている訳ですが、介護度が進んだときの居住スペースの移動の有無などが施設により異なるので、事前に把握する必要があります。
建物賃貸借方式は賃貸借と生活サービスの提供などが別枠で用意されているので、入居者の死亡によって必ずしも終了するわけではありません。
終身建物賃貸借方式では利用者が生存している限り、居住することができる権利が設定されたもので、入居者の死亡により当然に契約は終了することになります。
ただしこの方式を採用するには都道府県知事の認可を受けることが必要です。


それでは有料老人ホームに入居することで具体的にどのようなサービスが提供されることになるのでしょうか。
有料老人ホームは居住や日常生活を円滑に入居するために入居するので当然、居住スペースの提供を受けることになります。
これには浴場やカラオケ室などの各種の共用スペースの利用も含まれます。
介護サービスは施設の性格ごとに運営主体が提供する場合と入居者が個別に介護事業者と契約する場合があります。
ただ後者の場合であってもケアプランの策定などは老人ホームのスタッフが行うことになる点に特徴があります。
さらに食事や生活支援サービスも提供されることになります。
これらは日常の生活を彩る趣旨で行われているので、各施設により内容は異なります。
有料老人ホームは医療機関ではないので直接健康管理は行うことはできません。
そこで提携医療機関の医師などが一般診療や健康相談に応じることになっています。

ページトップへ